親からお金を借りる上手な言い訳

親は子供が困っている時には、どんな状況であろうと助けてあげたいと思う存在です。したがって、お金を借りる必要があって金銭的に困っている場合には親にお金を借りるというのも一つの選択肢になります。しかし、親だからといって礼儀や工夫もなく正面からお金を借りようとすると教育的な意味で、拒否されてしまう可能性もあるので、相手からしてもお金を貸してあげやすいように上手に言い訳をする必要があります。
言い訳のポピュラーなものとしては、結婚や引っ越し、転職などの人生における転機に必要なお金を借りるということにする方法があります。特に結婚などはどうしてもお金がかかってしまうということや、そこまでの貯金を親は子供に求めていないという事情もあるので快くお金を貸してくれる可能性が高くなってきます。
また、子供のころからの夢をかなえるために、チャレンジのための資金が必要だと親に対して説明することも上手な言い訳の方法の一つです。実際に昔から好きだったものにお金があれば挑戦することができるということがわかれば、親は子供の幸せを望んでいるので、これまた快くお金を貸してくれる可能性が高くなってきます。
このように、親からお金を借りる必要がある場合は、無駄遣いをしたりすることはなく、計画的にお金を使用するつもりであるということを丁寧に説明することでお金を借りることができる可能性を高めることができます。お互いに納得ができることが重要です。
参照サイト